まず小学校受験とはどういったものかを解説

一般的に受験を行うのは高校や大学などですが、私立の学校の中にはそれ以前であっても受験を必要とする学校が少なくありません。例えば幼稚園や小学校などでも受験を行うということが一般的にあるのです。これらの受験の中で子供の能力を測る試験を必要とするのは小学校受験からであると言われています。小学校に入学する際に様々な能力を測定する形で評価を受けるという試験があるのです。私立学校では教育の質を高く保つために様々な工夫をしており、その1つが受験制度であると言えます。そのため私立学校の教育を受けようと思うのであれば、必要な対策を講じておくことが求められる場合もあるのです。そのような仕組みで小学校の受験が行われているのです。単なる学力ではなく様々な能力を測定する試験が行われています。

小学校受験の具体的な内容について

小学校に入学するために受験を受ける場合、その子供はつい最近まで幼稚園に通っていた幼児であるといえます。そのため高校や大学の入学式のような単純な知識を問う様な試験が行われる事はほとんどありません。小学校に入る前から詰め込み式の学習をする必要があるわけではないのです。その代わりに課されることになるのが様々な考える力や包容力を試すことになる課題です。これらの試験は単純な知識ではなく考える力を試すという内容になっていますので、日ごろの生活の中で身に付いている様々な基礎的な能力を見られることになるのです。その他にも体を動かす種類の試験が課される学校もあります。頭が良いだけではなく健康で元気であるということが1つの条件として試験を受けることになる場合があるのです。このような仕組みの受験であるということを知っておきましょう。

小学校受験のための対策について

受験で課される課題については、単純な小学生の知識を問う問題ではないのが普通です。しかしながら能力を測る試験であってもある程度決まった形というものがあるのです。そのような問題を集めた教材というものが実際に存在しています。しかしながら子供の能力を本当に高めようと考えているのであれば、そのような試験勉強を行うよりもむしろ様々な想像力を働かせることができるような遊びを充実させておく方が有効であると考えられています。子供は想像の中で遊ぶことで非常に幅広い発想力を身に付けます。このような遊びを行うことができる環境作りに力を入れることこそ、子供の能力を伸ばすために必要なことなのです。ブロック遊びなどは知育でもよく用いられるものですが、子供の想像力発想力を育てるためにとても役立つものであるといえます。

1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 60年の歴史で培った独自の教育で名門小学校合格をサポートします。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 信頼関係を大切にする新芽会で小学校受験へ